本日はCambodia Real Estate Show 2 でブース出展をしてきました。

今回はコンテンツの数を増やして臨みましたが、予想通りお客さんの目をくぎ付けにすることに成功いたしました。

自ら開発したコンテンツをお客さんに体験してもらうことで、スタッフのモチベーションアップを目指します。

また、前回のReal Estate Showに引き続き、国内外から数多くの建築デベロッパー、不動産会社等が集まっていました。近年東南アジアの中でも不動産開発(特に富裕層向けのコンドミニアム)が活発なカンボジアですが、その要因としては国際通貨である米ドルが事実上の国内通貨となっている点も挙げられます。そのため、日本や中国、韓国などのアジアだけでなく、欧米諸国からも投資がしやすく、カンボジアでの不動産開発競争が世界中で活発になっています。

Bodaijuプロジェクトは日系建築デベロッパーにより行われているもので、日系企業としてはカンボジアで最大手です。プノンペン市街地と経済特区の中心という好立地かつ、開発と販売の両方をに系企業が請け負うという安心感が魅力です。こちらにはラストマイルワークスが遠方の潜在顧客への新たなアプローチ手法を開拓するため、BadaijuのモデルルームをVR化し、ヴァーチャルショールームというコンテンツを納品いたしました。

terior 開発事例

http://terior.jp/worksample.php

ORKIDE Villaはカンボジアの不動産デベロッパーで、昨年プノンペンで最も優れた住宅開発の一つに選ばれて、国内最大手の地位を築いています。建築顧客に対して革新的で親しみのある要素を使用し「植物都市」を目指しているのが特徴です。

 Star City はカンボジアに進出している中国デベロッパーの一つであり、特に中国ディベロッパーの建設ラッシュは激化しています。

そして、今回弊社が納品したカンボジアのCityParkのブースを訪れました。こちらも中国、上海に本社を置くディベロッパーであり、大規模なコンドミニアムプロジェクトを行っています。従来そのようなプロジェクトの場合、大掛かりになればなるほど開発期間が多くかかるため、計画段階や建設中で販売促進を図るのが困難な現状にありました。そこで、クライアント様と完成イメージのすり合わせを図り、それをVRで忠実に再現することで、建設段階でも顧客とのイメージ共有が容易になりました。また、上記のBodaijuプロジェクトのように、海外の潜在顧客にも視野を広げることが可能になり、クライアント様から納得の評価をいただきました!

 

ラストマイルのリードディベロッパーがイベント記者団からのインタビューを受ける場面も。

 

以上、1日目のレポートでした。前回よりもさらに確かな手ごたえを感じております。この調子で2日目も頑張りたいと思います。

明日も、Naga Worldが会場です。

https://www.google.com.kh/maps/place/NagaWorld+Hotel+%26+Entertainment+Complex/@11.5560616,104.9347544,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x31095132e5ff7e1f:0x1ba3612d749a109d!8m2!3d11.5560616!4d104.9369431

ぜひ、会場並びにラストマイルブースへお越しください!